都内での一人暮らしにおすすめの場所は?

東京の大学へ入学が決まり、これから都内で一人暮らしをしようという人もいると思います。
東京は広いですから、どこに住んだらいいか、迷ってしまいますよね。

そこでこのサイトでは、快適なキャンパスライフを送るため、都内でどこに住んだらいいか、
様々な観点から紹介してみたいと思います。

参考にして頂けましたら幸いです。

都内で住むエリアを選ぶコツ

入学する大学で探す

大学生が都内で住むエリアを選ぶには、まずは
「大学に通いやすい」
事が重要であることは言うまでもありません。
大学に通いにくい場所に住んでしまったら、大学へ行かなくなってしまう事だって
あり得るわけですよね。

大学へ通いやすいエリアの物件は、大学の学生課で紹介してもらえる場合もあります。
ですからともかくまずは、大学へ出かけてみて、
どこへ住んだらいいのかを聞いてみるのがオススメです。

大学が寮を持っている場合もあると思います。
大学の寮は、大学に通いやすいことは勿論ですし、
寮費もアパート等に比べれば比較的安く、
さらに大学の他の学生と知り合いにもなれますのでいいと思います。

また大学周辺にアパートを探すことも、方法の一つだと思います。
大学周辺は、特に歴史がある大学の場合なら、学生街になっていることが多く、
その場合比較的安くアパートを借りる事もできますし、
学生街は物価も安いのが特徴です。

また大学のある駅に通っている路線の沿線に住むということも、
「大学に通いやすい」という意味ではオススメです。

都内だとどうしても家賃が高くなる傾向がありますが、大学へ電車一本で行ける路線なら、
都内を出て家賃の安いエリアへ住んでも、大学に通うのは難しくありません。

昨年の誕生日に彼氏に買ってもらったmiumiuミュウミュウの財布を愛用しています。クロコの型押しレザーのピンク色。色味は派手ですが、シンプルなデザインでとても気に入っています。でも購入はネットで少し安かったと聞いていますが、40000円ぐらいだったそうです。

私のメンズ財布 人気選びのこだわりは飽きのこないシンプルなデザインであること、そして長財布であることの2点です。バッグの中で迷子にならないサイズで、入れやすく出しやすいこと。

仕事柄、打ち合わせで一日中、外出する機会も多く、バッグはどうしても大きめで、中身も化粧品から手帳からノートからたくさん入っているんです。その中でもレジでさっと取り出せるにはやっぱり大きめの長財布が私には合ってるんです。

その点、miumiuは20代から30代の若い世代に人気のブランドなんですが、デザインがコテコテでなく、シンプル可愛いいものが結構あるんです。

今の財布の前もmiumiu。それももう3年ほど使用していたので、今回彼氏に誕生日プレゼントのリクエストを聞かれ、迷わずmiumiuの財布をおねだりしたんです。条件だけ伝えて後は任せました。

やっぱりサプライズ感もほしいので。(笑)でも期待どおりの財布だったので、本当に大満足。つくりもしっかりしているので、2~3年は大丈夫そうです。

他の財布を探すのも大変だし、気に入っているので次の財布選びも同じブランドになりそうです。でも年齢的にそろそろ無理がでそうなのが心配です。

イメージに惑わされない

東京で一人暮らしをするに当って人気のエリアというと、「吉祥寺」を筆頭として、
「自由が丘」「下北沢」「恵比寿」「中目黒」「横浜」などとなります。
ただ学生が一人暮らしをするエリアを探す際、このような「人気]イメージに
惑わされないことも大事だと思います。

このような人気イメージは、東京のメディアが作り出しているものです。
メディアの流す情報は、「本当にそこが住みやすいから」というよりも、
「オシャレでカワイイ」などというものが中心となってきます。

たしかに街はオシャレでカワイイ店がたくさんあり、地方から出てくると、
目が眩むような思いがする事もあるかもしれません。
ただそのようなオシャレな街では、生活はなかなかしにくいのが実際のところです。

まず人気のエリアですから、家賃は相場よりずいぶん高くなっています。
吉祥寺などは23区外ですが、下手をすると23区内のもっと便利な場所より、
家賃が高いことが少なくありません。

またスーパーなども、人気のエリアでは少なくないことが多いです。
実際に生活していくには、オシャレな店よりも、
安いスーパーや食堂などが重要になりますが、人気のオシャレなエリアには、
そのような店はあまりありません。

都内でも、比較的安い家賃で、住みやすいエリアはたくさんあります。
メディアの作った人気イメージに惑わされず、きちんとエリアの実質を見ることが、
住む場所を探す上では大事だと思います。